ト レ ー ニ ン グ  
 
■オビディエンストレーニングについて...
 オビディエンストレーニング(基本服従訓練)は、決して無理やり愛犬を指示に従わせるものではありません。犬の個々の性格にあったトレーニング方法を考え、指示、リードコントロールにより誘導し、成功に導き褒める!それを繰り返すことで指示に反応する良い癖をつけてあげるのです。
 
■トレーニングのすすめ...
 一般的に散歩でオシッコ、ウンチをするワンちゃんが多いですが、排泄や運動の為の散歩と、トレーニングや人と歩く散歩は区別するべきだと考えています。
トレーニングで一番重要なのは、日常の散歩で指示に従うことです。
なので公園や広場でのトレーニングも重要ですが、ここ数年は路上でのトレーニングに力を入れております。
 
 

CN:ブル
【アトヘ】⇒犬を人の左足横に付け「アトヘ」の指示で左足から歩きだす。
歩きだし犬が引っ張ろうとしたら後ろに体重を掛けながら素早くリードを引きます。犬は『なぜリードを引かれるのか?』考えるようになり、人の歩調に合わせはじめます。その時にタイミング良く褒めてあげることが大切です。
初めは直進、左回り、右回りS字、8の字と進め、スピードの強弱もつけて行うようにします。
犬が上手に歩いている間はよく褒めてあげましょう。

 

CN:ブル
【スワレ】⇒「スワレ」の指示と同時にリードを上に引き犬がお尻を下げ、その姿勢になるよう誘導します。犬の視線が飼い主を見上げていれば自然と座るはずです。それで座らない場合は、手でお尻を押さえ補助してあげましょう。一度の指示でその姿勢をとらせ、褒めてあげましょう。

 

CN:ブル
【フセ】⇒「スワレ」の姿勢から「フセ」の指示と同時に地面に手のひらを付けるようサインを出し、リードを下に引きます。犬はリードにより首に感じる手のひらを下げるサインにより、顔を下げ前足を伸ばし「フセ」の姿勢へと動きます。フセる事を嫌がる犬もいますが、肩部分を押さえながら両手を前方へズラすよう補助し「フセ」の姿勢になることを癖付けて行きます。


CN:ミウラ

CN:ミッキー
【マテ】⇒「スワレ」または「フセ」の姿勢をとらせ「マテ」の指示と同時に犬の顔の前に手のひらを見せるサインを出し、右足から離れます。その時、犬から目を離さないことが大切です。はじめのうちは、犬の視野に入る距離で動いてあげ、犬が理解しやすいようハンドサインは出したままにしましょう。


CN:ドンちゃん
【マテ〜コイ@】⇒「スワレ、マテ」「フセ、マテ」の指示をだし、右足から離れ犬の正面に立ちます。「コイ」の指示と同時にリードを素早く引き、動くきっかけをつくってあげましょう!その時、人がしゃがみ手を大きく開いてあげ、ふところへと呼び込みます。犬との目線が合い、目標物も大きくなりスムーズに戻りやすくなります。
 


CN:ドンちゃん
【マテ〜コイA】⇒犬がふところへとやって来れば、人は立ち上がり、左の太ももをたたき、アトヘのポジションへ来るよう誘導します。人の左足横に座ったらよく褒めてあげましょう!


CN:コク
「コイ」の終わり…「ヨシヨシ!」
以上、簡単ではありますが、トレーニングの説明をさせて頂きました。 朝夕の排泄のための散歩、運動のための散歩とは別に、5分〜10分ずつでも集中して愛犬とトレーニングしてみて下さい。少しずつ理解し覚えていく犬、数回のトレーニングで理解する犬、もちろん個体差はあります。
昨日まで、補助してあげないとできなかった事や、嫌がっていた事が、ある時できるようになります!その感動を味わいながらトレーニングを楽しみ、愛犬との信頼関係を深めていってください!

フレームが表示されてない方はこちら

                        ▲TOPへ